車検とは一体何?車検にかかる費用や検査内容を徹底取材!TOP

車検って何?

車を持っている人が必ずやらなければいけないのが車検ですよね。
でも車検って一体どういう制度なんでしょう?

車検とは「自動車検査登録制度」の略称で、安全に使用することのできる車かどうかを検査して確認してもらい、車の所有権についても、法的に認めてもらうという制度のことです。

車を登録するには一定期間ごとに更新する必要があり、自家用の自動車や軽自動車の場合には初回が3年で、その後は2年ごととされています。

車検の内容は、保安基準に適合しているかどうかを確認するというもので、検査で何かしらのトラブルが見つかれば、整備する必要があります。

車検の費用としては、検査費用、自賠責保険料、自動車重量税といった法廷費用の他、点検整備料、車検代行料なども必要になってきます。

車検の種類

車検を受ける場合、自分の車を扱っているディーラーのサービス工場に依頼するか、ガソリンスタンドや車検専門業者、大手カーショップに依頼するかで整備内容や費用は異なってきます。

一番安心できる車検はディーラー車検でしょう。

でも、ディーラー車検の場合、営業時間が決まっていて融通がきかないことと費用が割高になってしまうことがデメリットに。

ガソリンスタンドや車検専門業者、大手カーショップは割引サービスがあったり、手軽に車検を受けられるのがメリットですが、整備や修理に関して不安が残ることも。

しっかりと整備してもらいたいなら、値段は少々高くてもディーラー車検が一番でしょう。

車検っていくらかかる?

車検を受ける時、気になるのが費用ですよね。

車検費用の内容としては、検査費用、自賠責保険料、自動車重量税などが法定費用として必要になってきます。

これは軽自動車なら35,080円、普通車なら、排気量で差はあるものの、最低でも57,280円が必要です。

さらに車検を受けて何か問題があれば、整備費用も必要になるので、大体10~15万円ほどは車検費用として準備しておいた方がいいでしょう。